おまとめローン審査の時間は?

おまとめローンの審査は、どれくらいの時間が必要なのでしょうか?ここでは、審査の時間と流れについて、説明したいと思います。

 

【審査の時間はどれくらい必要か?】

おまとめの審査は、一般のローンと大きな違いはありません。しかし(一部の金融機関では、通常のフリーキャッシングを利用するよりも)より、長く時間がかかることがあります。

 

【フリーキャッシングを代用する】

フリーキャッシングをおまとめローンとして代用するような場合は、通常の審査と同じ流れで、審査が進められます。消費者金融以外の金融機関を利用する場合(例えば、銀行のローンを利用する場合は)おまとめにこだわらず、フリーキャッシングを利用してみてください。銀行系のカードローン(消費者委金融)を利用すれば、申し込んだ当日中にカードと契約書の受け取りができます。

 

【おまとめ専用ローンは、審査が長い?】

おまとめ専門のローンに申し込む場合は、審査が慎重に実施されるため、通常よりも、より長く時間がかかってしまいます。このため(申し込みをしても)最短翌日か、翌々日にそぁ結果は受け取れません。また、カードの受け取りも、申し込みから1週間前後の時間がかかるので注意しましょう。

 

【審査の速い、銀行もある?】

銀行ローンの中にも、一部例外があります。例えば(無人契約機を多く設置する)新生銀行のレイクでは、申し込みをしたその日のうちに、カードと契約書の発行が可能となっています。

 

お急ぎの方は、先にパソコンで申し込みを済ませておき、カードと契約書の受け取りのみ、最寄りの無人契約機を指定しましょう。

 

【消費者金融は、審査が速い】

消費者金融の場合は、その多くが即日融資に対応しています。銀行系ローンのプロミス、モビット、アコム、ノーローンでは、どれも即日融資が可能となっています。この中でも特に、プロミスとアコムは、どちらも「おまとめ専用のローン」を取り扱っているので便利です。

 

消費者金融は、通常「総量規制の対象」となるため、年収の3分の1を超える借入は、法律で規制されてしまいます。

 

しかし、おまとめローンに関しては規制の対象外です。月々の返済負担でお困りの方は、こうしたおまとめ専用のローンを利用してみてください。すでに、年収の3分の1以上借入がある方も、原則としてローンの利用が可能です。

 

【審査の流れ】

おまとめローンの審査は、通常のローン審査と同じく、各カード会社と保証会社、信用情報機関の連携によって進められます。

 

(モビットのように)自動審査を導入するところでは、申し込みをした直後に、ローン審査の結果が分かります。また、その他金融機関は、速くて30分から1時間以内に審査の結果が分かります。

 

審査が無事可決となれば、必要な書類を返送し、契約開始となります。必要な書類は郵送でも受け付けをしていますが、できればFaxやメールなど(受け渡しのまでの時間が)早い方法で、手続きを進めてください。

 

最近では、専用のアプリを使い「書類がアップロードできる」サービスも行っています。こうした専用アプリがあれば、スマートフォンや携帯のカメラ機能を使い、必要書類が簡単に申請できます。

 

パソコンをお持ちの方は、スキャナーで必要書類をスキャンしましょう。金融機関から指定される場所(個別のURL等)にアップロードをすれば、即カードローン契約の開始となります。

 

【最も早い方法は?】

審査を最も早く進めるには、インターネット申し込みと、無人契約機を組み合わせて利用しましょう。

 

インターネット申し込みは、パソコンやスマートフォン、携帯電話から利用できます。先にネット審査を済ませておけば、無人契約機での受け取りが、よりスムーズになります。早ければ、最短5分でカードが発行されるので大変便利です。
参考サイト・・・フリーローン徹底比較【金利・審査】おすすめ銀行の選び方

おまとめにふさわしいローン

おまとめや借換にふさわしいローンとは、どのようなものがあるのでしょうか? 条件について、詳しく見ていくことにしましょう……。

 

【おまとめと借換にふさわしいローン】

おまとめや、借換に最適なローンには、共通する特徴があります。

 

(おまとめと借換に、ふさわしいローンの条件)
・ 金利が低い
・ 融資の可決額が大きい
・ 総量規制の対象外である

 

順に見ていくことにしましょう。

 

【金利について】

おまとめをするには、今使っているローンよりも「金利の低いもの」である必要があります。今より金利の高いローンを利用しては、これまで以上に、返済負担が大きくなるからです。

 

おまとめを成功させるには、金利の低いローンを探し、利用する必要があります。金利の低いローンは、銀行のカードローン商品や銀行系列のカードローン商品が(おまとめの)候補として挙げられます。

 

【融資の可決額について】

おまとめや借換には、ある程度まとまったお金が必要です。小額融資専用のローンでは、借換や、おまとめ分がカバーできなくなるでしょう……。

 

複数の借入を一本化される方は、融資の可決額が大きなローンを利用してください。銀行ローンのように、500万円から最高1,000万円近くまでカバーできるローンもあります。

 

また銀行系のローンでも、300万円から最大500万円までカバーしているので、おまとめローンとして利用できます。

 

【銀行の規制について】

銀行は、貸金業法の規制を受けないため、総量規制の対象外となります。このため、おまとめの利用では、借入のリミット(融資の上限額)を気にする必要はありません。

 

ただ、銀行でも無制限に融資が受けられる訳ではありません。既に借入金額が、年収の3分の1以上を上回っている方は、おまとめや借換の目的があることを申告しておきましょう。借入負担を少なくする理由があれば、審査は優遇(金融機関による)されるはずです。

 

【消費者金融の規制について】

消費者金融の場合は、初めから「おまとめ目的であること」を申請しておく必要があります。消費者金融は、総量規制の対象となるため、年収の3分の1以上の融資は規制されてしまいます。

 

しかし、借換やおまとめの目的に関しては、規制の対象外となっているので安心して利用できます。